Top > Bishu
  • Top
  • About US
  • Bishu
  • Wool
  • Line up
  • Care
  • Map
  • Contact
  • Privacy policy
  • Sitemap
  • Specific commercial transaction

bishu

01

02

03

愛知県一宮市を中心とした尾州地方は、世界でも有数の毛織物の産地として栄えてきました。
大正から昭和時代にかけて生産のピークを経た後、社会の景気やファッションの変動により、他の日本の繊維産地と同じくして尾州産地も縮小の一途をたどってきました。それでも尾州にはまだ古い織機・工場・町並み、そして長年毛織物に携わって働いてきた多くの貴重な人材を有しています。

尾州の毛織物は分業制で作られています。刈った羊の毛から糸を紡ぐ紡績、糸を撚って様々な種類の糸を作る撚糸、糸を染める染色、デザインを起し布を織る製織、織った布を加工して仕上げる、整理する。

この他にも様々な細かい工程があり、尾州で作られる布にはそれぞれの多くの技術者が携わっています。天然繊維である毛織物の製造には長年培ってきた毛織物職人の「技」や「経験」にその多くを頼っていますが、産地の縮小に伴い職人の数も減ってきているのが現状です。

残念ながら私たちが織った生地は「MADE IN 尾州」とは表記されません。
縫製が海外であれば最終製品は海外製という表記になり、尾州で働く日本人の技術者の存在に消費者は気づくことができません。
私たちは縫製だけではなく、生地の産地を表記し、尾州産地を初め日本製の「生地」という存在を改めて同じ日本人に知ってほしいと考えています。

pagetop